※ 当サイトではアフィリエイト広告を利用しています

サゴシゲームにおススメのメタルジグ6選【レビュー・インプレ】

釣具レビュー

どうも、ばんぞうです。

サゴシゲームは好きですか?面白いですよね。

軽装で行けますし、大きい群れに当たると永遠に釣れますし。

今日は、僕の使ってきた中で、サゴシを釣るのにおすすめのメタルジグをご紹介します。

すぐそこに居るのに当たらない。または、当たるけど乗らないみたいな状況が続くときは、参考にしてみてください。

スポンサーリンク

コルトスナイパー サゴシジグ(SHIMANO)

サゴシ専用のメタルジグです。

かなり細長くスリムなシルエットが特徴で、サゴシの歯の間を抜けてリアのトレブルフックが掛かるよう設計されています。

使いどころは、サゴシが上を意識しているシーン(朝マズメなど)での表層早巻き。

後ろや斜め下から食いあげてきたサゴシをほぼオートマチックにフッキングします。

ただ巻きでのアクションは割と小さめ。

ですので、魚を寄せて釣るというよりは、そこに居る魚を釣るという使い方が良いと思います。

動きのイメージはこんなです。
↓↓↓

コルトスナイパー イワシロケット(SHIMANO)

後方重心でシルエットの小さいメタルジグです。

利点は、安定して飛距離が出ること。沖のサゴシに届きます。

また、カタクチイワシを模しているので、マッチ・ザ・ベイトになりやすいのも強みでしょう。

巻きのアクションはやや大きめ。ブリブリとお尻を降りながら泳ぎます。
↓↓↓

ジャックアイマキマキ サゴシSP(ハヤブサ)

サゴシ用にチューンされたブレードジグです。

アシストラインがワイヤーになっているので、サゴシの歯で切られません。

低速巻きだとブレードだけが動き、高速巻きだとジグ本体とブレードが動くという風に、巻きスピードでアクションが変わるので応用範囲は広いです。

ブレードジグですが、ただ巻きだけじゃなく、ロッドアクションを付けても良く釣れるので使いやすいです。

ジグパラショート(メジャークラフト)

巻いてもジャークしても、アクションのつく定番ジグです。

個人的に多用し、サゴシにも強いと思うのは、中層でのややフォールの間を取ったワンピッチジャーク。

正確に計ったわけじゃありませんが0.8秒に1回転くらいのジャークです。

サゴシというと高速巻きみたいなイメージですが、フォールにも反応が良いので、こういうジャーキングも有効ですよ。

メーカー公式ではありませんが、ジグパラの水中映像
↓↓↓

TGベイト(ダイワ)

飛距離・サイズ感に優位性のあるタングステンジグは、サゴシゲームでも有利です。

特にシーズン最盛期の混雑した堤防で、横一線にジグが飛び交うような状況に強いです。

ライバルより頭一つ抜ける飛距離は武器になります。

問題は値段が高いこと。サゴシカッターにやられるとダメージが大きいです。

動きのイメージはこちら
↓↓↓

ダイソージグ(大創産業)

税込110円のコストパフォーマンスの良さは、ジグロストの多いサゴシゲームで光ります。

安いからといって釣れないわけではなく、ぶっちゃけ釣具メーカーのものと変わりません。

100均ジグが特に強いシーンは、フォール時に当たりが集中したとき。でしょう。

「大きなピッチでフォールをしっかり取りたい。でもサゴシカッターが怖い。」

というときでも、ロストのリスクを恐れず攻められます。

まとめ

僕がサゴシ狙いのときに良く使うジグを6つ挙げてみましたが、いかがでしょうか?

サゴシは基本的にルアーへの反応が良く、食うときはどんなジグでも食うので、ジグ選びはおざなりになりがちです。

でも、状況に応じてアクションを考えながらジグを選ぶ方が、釣果は上がりますし、何より楽しいです。

この記事があなたの参考になっていれば嬉しいです。

enjoy!