ワークマンのレインウェアINAREM(イナレム)レビュー(海釣り編)

釣具レビュー

どうも、ばんぞうです。

週末にオフショア(船)での釣り予定があって、天候は雨。

手持ちのレインウェアも、防水性が落ちているので、買いなおすことにしました。

で、買ったのは、ワークマンの「INAREMストレッチレインスーツ」

釣り用のにするか迷った結果のワークマンなので、同じように迷っている人には参考になるかと思います。

釣りメーカーにするか?ワークマンにするか?

釣りメーカーVSワークマン

この軸で考える人、結構多いと思います。ですので何が違うか比較してみます。

まず、釣り具メーカーは性能重視。

ゴアテックスなどの防水透湿素材を惜しげもなく使い、雨から守りムレを防いでくれます。

お値段は、2~3万円。

また、形状も釣りに特化しているものが多いです。マズメのウェアはキャストがしやすいよう袖がかなり上付きになっていました。

あと、デザインもそれなりに凝っています。

値段が高い以外のデメリットはなく、お金を出せるのなら間違いないです。

一方、ワークマンはとにかく安い。

お値段は5,000円切ってきます。

とはいえ、基本的な性能は備えています。だから悩むんですけどね。ww

形こそ、釣り専用じゃないので普通ですが、宣伝をみる限り確実に意識しています。

まぁ大まかな違いはこんなところです。

で、結局、ワークマンにしたわけですが、その理由は・・・

すごいぞINAREMストレッチレインスーツ

で、結局、ワークマンにした理由は、このイナレムを見つけたから。

僕がイメージしてたワークマンのレインウェアを圧倒的に上回ってました。

何やら、イナレムと言うのは、ワークマンが独自に開発した新素材らしく、耐水圧20,000mm、浸透性25,000mg/㎡(24h)!とのこと。

ちなみに、防水透湿素材の王、ゴアテックスは耐水圧50,000㎜以上、透湿性25,000~98,000mg/㎡(24h)とのことです。

その他、モンベルやミズノの素材は透湿性13,000~16,500/㎡(24h)くらいなので、カタログスペックだけでいうと、ゴアテックスに準ずる性能ということになります。

数字ばっかりで分かりにくいですね。

耐水圧も透湿性も10,000あれば、実用十分。

耐水圧20,000mmはバイク用(高速走行用)のレインウェアと同じ。

浸透性25,000mgとなると比較対象があまりないくらいです。登山用の比較的良いレインウェアでも15000mg前後。

数字が本当だとすれば、4,900円でこれはあり得ないくらいお買い得。

試さないわけにはいきません。

サイズ感についても結構迷いました

このイナレム、レインウェアの中ではちょい細身。

ワークマンなのにガタイの良い人を無視する姿勢はどうかと思いますが、基本、細身が好きな僕には好都合です。

僕の身長は175cmちょっと、体重は67kgくらい。若い時はやせ型だったのにいつの間にかしっかり標準体型です。ww

で、イナレムのMサイズが、身長165cm~175cm用。Lサイズが175cm~185cm用。

ちょうど境目・・・

近くに実店舗があるので上だけ試着してみましたが、どちらも一長一短。迷います。

Mだと少しだけ窮屈な感じもしますし、Lだとお腹周りのだぶつきが気になります。

結果、Mサイズにしました。

夏シーズン用のレインウェアを考えていたので、この下に何か着こむことはないため、だぶつきの少ないMがベストだと判断。

もし、僕と同じような体形の人でも、下に着こむならLサイズという判断が良いと思います。

オフショアの釣りで使ってみた感想

結局、釣行日は予定通り雨。

朝6時から11時頃まで、しとしとと降り続き、時折強まる雨に打たれ続けました。

天気予報の雨量は2.2mm。感覚的には小雨とは呼べない普通の雨。そんな天気です。

当然、このくらいの雨なら大丈夫。全然中に染みてくるということはありません。

この日は、うねりも予報より大きく、終始座って釣りをしましたが、お尻からの浸水もありません。

意味がよくわからない方のために補足説明すると、座るとお尻に圧がかかるので、防水の弱いレインウェアだと、尻から染みてきます。

透湿性については、意外と寒かったこともあって25,000mgパワーの恩恵を受けられませんでした。

でも、湿気がこもるという感覚は皆無。さらりとしたものです。(のちにキャンプでも使いましたが、春先~初夏までの気候ならまず大丈夫なのを確認しました)

懸念してた動きにくさも、オフショアジギング程度なら何の問題もなかったです。

生地のストレッチも結構効いていると思います。

あと、袖回りからの浸水もなかったです。ベルクロでしっかり閉められます。

ポケットも止水ファスナーになっているので、中のスマホは無事でした。

フードがついているのですが、つばの長い仕様でなく普通のフードなので、顔は濡れます。

まとめ:INAREMストレッチレインスーツは買いか!?

実際に使った感じでも、防水性・透湿性は高いと思います。

また、動きにくいということもないので、釣りにも使えます。船釣りだったのでキャストは数投しかしませんでしたが、問題なくできました。

ただ、生地がめっちゃ薄いので耐久性はないと思います。

釣り用のレインウェアにあるような、お尻や裾の補強みたいなのもないですし。

まぁ薄い分、着心地は良いんですけどね。全然シャカシャカしません。

4,900円でこれならアリだし、人にもおすすめできます。

レインウェアはどうせ防水性が下がってくるので、気軽に買いなおしできる値段設定は助かります。

enjoy!

追記:晩秋にショアジギングをやってみた結果

冷たい雨に降られながらショアジギングをやったので、レビューを追加します。

当日の状況

・日付:11月23日(祝)
・時間:午前3時~正午12時
・気温:13度~15度
・降雨量:0.5mm~2mm
・風速:2~3.5メートル

まず、動きやすさについて。

日が昇って6時間ほどジグを投げ倒しましたが、動きにくさはまったくありませんでした。

少し小さめのサイズにしたので、心配していた点ですが大丈夫でした。

次に、防水性について

釣行当日の雨は、3時過ぎぽつぽつ降り始め、強弱がありつつ11時頃まで断続的に降っていた感じです。

ちなみに、イナレムの使用は5回目(多分)。防水スプレーは一度もかけていない状態です。

約8時間雨に打たれていたので、若干しみ込んだ感じはありました。

特に太ももあたりに冷たさを感じたので、下(ズボン)の防水性は少し低いのかもしれません。

上(トップス)は、下に着ていたライトダウンの表面を触ると少し冷たく感じたくらいなので、結構防水してくれていたのだと思います。

それより気になったのが、生地がない非武装地帯ができることです。

具体的には首回りと腰回りです。

寒かったこともあって首にネックウォーマーをつけていたのですが、その状態ではイナレムのファスナーが閉まりません。

また、着丈が短いため、かがむと腰のあたりがむき出しになってしまいます。

腰巻きのライフジャケットを使用していたのですが、座ったりを繰り返すうちにトップスの下辺がライジャケの上に乗っかる形に・・・

で、ライフジャケットにかかった雨がその下の服に浸水。

小さめを選んだ僕のせいですが、この点はマイナスです。

まとめると、

イナレムは釣りが成立するくらいの雨なら十分実用的。1日中使ってちょい濡れくらい。

ただ、防寒・防水を重視するなら、あまり小さめは選ばない方が良いです。

動きやすさに関しては何の心配もありません。フルキャストし放題です笑

ご参考に。

タイトルとURLをコピーしました