ワークマンWindCoreの購入と、空調服初心者のための選び方完全ガイド

釣具レビュー

どうも、ばんぞうです。

とうとう買っちゃいました。空調服。

今まで、存在は知ってたけど、あの独特のフォルムと強めの現場感で、なかなか買うに至らなかったんですが、炎天下の海釣り(船)で命の危険を感じたので購入を決意しました(笑)

調べてみると、空調服といってもいろいろ。「どれ選んだらええねや!?」状態でした。

かなり面倒くさかったんで、調べたことをシェアします。ばーっと要点を押さえてください。

インドアワーカーのための空調服基本情報

なぜ涼しいの?

真夏に長袖のブルゾンを着て、なぜ涼しいのでしょう?

いくら腰にファンがついているからといっても、吹いてくるのは外気温と同じ熱風です。

実は、空調服は腰から首元へ向けて、風が抜けるようにできています。

つまり、ブルゾンを着ていても内側は風が吹き続ける外と同じ状態になっています。

だから、見た目ほど暑くないんですね。

でも、それだけでは涼しい理由になりません。

空調服が涼しいのは、人間の汗を利用しているからです。

汗をファンの風で強制的に蒸発させます。気化熱を利用して体表の温度を下げてるんですね。

気化熱ってのは、液体が気体になるときに周囲から奪っていく熱のこと。

難しいことは置いといて、要は、風呂あがり濡れた身体に扇風機で風をあてると寒くなるのと同じ仕組みです。

サイズ感やインナーも大事

身体と空調服の間にすきまを作る必要があるので、ジャストサイズではいけません。

基本は少し大きめを選びましょう。大きすぎても風のロスができるので、普通の服よりワンサイズ上くらいでしょうか。

そして、空調服の中に着るインナーも大切です。

普通の綿のTシャツなどでは、生地が汗を吸ってしまい風を当てても中々蒸発しません。

空調服の効果を活かすには、吸湿速乾の生地でなるべく体に密着したインナーがベストです。

いわゆるコンプレッション系のスポーツインナーです。

スポーツ店で購入できますが、ワークマンでも安く売ってます。ユニクロにも昔ありましたが最近は見ない気がします。

ブルゾンか?ベストか?

空調服の形を大きく分けると3種類。長袖のブルゾン(ジャンバー)、半袖タイプ、ベストタイプ

レジャー用途で選ぶなら、ベストタイプで良いでしょう。

袖がない分、動きやすいですし、脇に風があたるので一番涼しいそうです。

僕は、主に釣り用に買ったので、もともとキャストの邪魔にならないベスト一択でした。

バッテリーやファンは別売り

空調服選ぶのに一番めんどくさかったのがコレ。

基本的に服本体はただの穴が開いたアウターです。ファンやバッテリーを別途追加しないといけません。

ファンやバッテリーはある程度の互換性はあるものの、メーカーが変わるとつけられないケースもあります。

初心者は素直にセットもの買っておくのが吉です。

個人的にはバッテリーがすごく割高な気がするので、大容量のモバイルバッテリーを流用する技術があるような人は、服とファンだけでも良いかもしれません。

空調服のメーカーは10数社

ネットで見る限り、空調服を出しているのは10数社程度でした。

それぞれ、特徴があるようです。デザイン的にカッコイイとされるバートルや、空調服の元祖で、数々の裁判で戦ってきている株式会社空調服とか・・・

この辺は知らなくても、別にどうでもいいです。

大抵がOEMや何やで、そんなに差があるわけではありません。

デザインも正直どれもカッコイイとは思えません。

電池容量・ファンの風量とか値段で決めてしまえば良いでしょう。

私がワークマンのWindCore(ウインドコア)に決めた理由

ワークマンの製品に決めた理由は大きく2つです。

まず、1つ目は値段です。

空調服に関しては「これぞワークマン価格!」というほどでもないですが、他のブランドより安いです。

大体、服・ファン・バッテリーのフルセットで2万円くらいの製品が多い中、僕が選んだセットの合計は15,000円ちょい。

バッテリーも十分強風の出る14V対応だし、他と比べても見劣りするわけではありません。

次に、実際に着てみれたという点

サイズ感が大事ということは、事前に調べて知っていたので、近くに店舗で一回合わせてみました。

店長らしき、おっちゃんに見てもらって、Lサイズに決定。

ちなみに僕の身長は175cm体重は67kgです。

肩幅が少し広い気がするので、もしかするとMサイズの方がしっくりきたのかも知れませんが、ここは数々の職人を見てきたおっちゃんの意見を聞くことにします。

腰回りや脇のゴムも調整して、良い感じの風が出るようセットまでしてくれました。

実際に使ってみた感想【レビュー・インプレ】

ぶっちゃけ、思っていた程の「涼しい~~~」と言う感じはありません。

でも、汗が流れ出ないし、炎天下の海上でも活動できたので、効果は確実にあります。

「涼しい」というよりは「暑くない」という方が感覚的に正しいと思います。

5時からの釣行だったので、最初は着ずに日が高くなってきた8時頃から着用スタート。

まず、突き刺さるような直射日光から守ってくれたのは大きいです。

体とベストの間に日陰ができる感じ、その中を風が通ります。

何となくイメージできました?

風量は10V(4段階中3段階目)で運用。

スペック上はこれで8時間バッテリーが持ちますし、風量的にも実用域です。

これ以下に下げると厳しい感じでした。

なので、これから買う人は10Vを基本にすればいいかなと思います。

釣りやアウトドアだけでなく、車洗ったり、子供たちを公園で遊ばせるのを見守ったり、お父さんは炎天下に出ることが多いもんです。

色んな事に使えそうなので買って良かったです。

実はこの話を僕の釣り友達したところ、彼も速攻で買いました。

真夏は売り切れることもあるようなので、お早めに。

enjoy!

タイトルとURLをコピーしました