Xプロテクトのラインローラーに自分で注油する方法3選【メンテナンス】

釣具メンテナンス

どうもばんぞうです。

リールのメンテナンスってどうしてます?

最近のリールは自己メンテ不要(禁止)でメーカーのオーバーホールが基本というのも多いですが、コストかさみますよね。

ラインローラーなんてすぐ汚れますし、しょちゅうは出せません。

そこで今回、シマノのXプロテクト搭載のラインローラーのメンテ・注油についてお話します。

オーバーホールに出すのをためらう2万円前半くらいのまでリールをお使いの方には役立つと思います。

スポンサーリンク

そもそも、Xプロテクトはなぜ注油禁止なの?

Xプロテクトのラインローラーには特殊撥水グリス(品名:DG18)が塗られています。

塗られているというより、中のベアリングをべったりコーティングしていると言った方がイメージに合っていると思います。

で、特殊撥水グリス(DG18)は「フッ素グリス」です。

フッ素グリスは、水に強いのは当然のこと、温度変化や酸化にも強く、揮発もしにくいと、非常に安定したグリスです。

化学的に超安定しているがゆえ、他のグリス・油脂と全然混ざらないという性質があります。

もし、そんな孤高の高性能グリスが詰まったラインローラーに注油すればどうなるか・・・?

中で普通のグリス(オイル)とDG18が分離し、本来の潤滑性能を発揮できなくなってしまいます。

ラインローラーは、分離した特殊撥水グリスのカスで、じきにゴロゴロと異音を立てることでしょう。

「あぁ、すでにオイル差しちまったよ…」という人もご安心を。

要はちがう種類のグリスを混ぜなければ良いだけです。

脱脂して、次の3つのうちいずれかの方法を試せば復活するでしょう。

方法1:普通のグリス・オイルに置き換える

特殊撥水グリス(DG18)を除去して、お好みのグリス・オイルに置き換えてしまいます。

撥水効果は弱まりますが、釣行回数が少なかったり、マメにメンテナンスしたい人には向いています。

また、DG18はあまり潤滑性能は高くないので、置き換えることでラインローラーの回転性も上がります。

メリット :気兼ねなくオイルを差せる
      回転が良くなる
デメリット:こまめなメンテナンスが必要(Xプロテクト比)

方法2:特殊撥水グリス(DG18)を再塗布する

DG18は市販されてるので、それを塗る方法です。

釣具店に在庫があるものではありませんが、どこでも発注できるはずです。

ネットでも売ってますので、どちらで買うかはお好みで。

created by Rinker
シマノ(SHIMANO)
¥1,705 (2023/02/05 07:29:21時点 Amazon調べ-詳細)

ちなみに、このやり方はシマノも公式に認めています。

動画もあるので、どこにどういう風に塗るかの参考にしてみてください。

この動画ではベアリング内の古いグリスを除去していません。

恐らくパーツクリーナーを含む油脂をベアリングの中に入れないためでしょう。

フッ素グリスは安定性が高く変化しにくいので、極端な話、ゴミさえ入らなければ性能を維持します。なので、このやり方もアリです。

ベアリング内のグリスを詰め替えたい方は、古いグリスやパーツクリーナーが残らないようにきちんと洗浄・乾燥して行ってくださいね。

メリット :元通りの撥水性をキープ
      メーカー公認で安心
デメリット:グリスの値段が高い

方法3:社外品のフッ素グリスを塗布する

DG-18は高いので、代用品で何とかしようという作戦です。

僕も基本このやり方を選んでいます。

使用しているのはAZの「フッ素グリース BGR-001」

本来自転車用のグリスですが、DG18の代わりに使っている人も多いです。

「BGR-002」だと粘度が高すぎるのでBGR-001の方をおすすめします。

塗り方は、純正のDG18と同じ。はみ出すくらい盛って出てきた分はふき取る感じです。

コストは純正DG18の4分の1以下。お得です。

  • DG18 ・・・5g/1,890円(1gあたり378円)
  • BGR-001・・・15g/1,210円(1gあたり80.67円)

メリット :純正とほぼ変わりない使用感
      価格が安い
デメリット:特になし


いかがでしょうか?

Xプロタクトのリールもポイントを押さえると自分でメンテナンス可能です。

参考にしてみてください。

enjoy!

タイトルとURLをコピーしました