※ 当サイトではアフィリエイト広告を利用しています

WOWSEA SUPは釣りに使える?3年以上使った感想【インプレ】

釣具レビュー

どうも、ばんぞうです。

5月に入り暖かい日も増えてきました。

いい季節になってきたので、SUPフィッシングをはじめたい人も多いのではないでしょうか。

ということで、SUPのインプレです。

Amazonで買えるWOWSEAのSUPを3年ほど使いましたので

  • 格安SUPで釣りができるかどうか気になる
  • WOWSEA SUPの評判が知りたい
  • WOWSEA SUPを買おうかどうか迷っている

という人に情報提供できるかと思います。

スポンサーリンク

WOWSEA SUPは釣りに使える?大丈夫??

結論を言うと十分使えます。

釣りをする上で高いSUPより明らかに不利だと感じたことはありません。

格安の部類に入るインフレータブルSUPですが、生地は割と丈夫です。航行中に多少岩にこするくらいなら破れません。ダメージは表層で止まってくれます。

また、空気圧15psi以上しっかり入ってたわみにくいので、スピードも乗ります。

「安いけど基本性能は十分というのが僕の印象です。

WOWSEA SUPを釣りに使うならどのモデルがいい?

引用元:ja.wowseasup.com

ざっとAmazon.co.jpを見ると、

  • Flyfish F2
  • Flyfish F1
  • Trophy T1
  • Traveller W1
  • Bluesky B1
  • Poseidon P1

というモデルが並んでいます。(2024年5月時点)

各モデル形状と大きさが違うだけで基本構造はほぼ同じ。サップフィッシングが目的なら、ぶっちゃけどれでも良いです。(=使えます)

ちなみに、僕が使っているのは11フィートのモデル。積載性・直進性・安定性も十分ですし、取り回しも悪くないです。おすすめですよ。

ただ、将来エレキモーターなど動力を組みたくなるようなチャレンジャー体質の方は、10.6フィート艇にしておく方が良いでしょう。

11フィート(335cm)以上の船に動力をつけると違法船・無免許運転になってしまいますので。

WOWSEA SUPセットの品質や耐久性について

さて、WOWSEA SUPのインプレに入りましょう。


インプレするSUPは11フィートのクルージングモデルです。

正確なモデル名は忘れましたが、現行モデルのBluesky B1と似ています。(多分同じです)

で、2020年9月から3年超使った感想です。

SUP本体(船体)

前述したとおり、まったくもって問題なし。

生地は強いですし、空気圧もしっかり掛けられます。

デッキパッドも適度な厚みがあり、滑り止めも効くので信頼できます。

ハンドル(持ち手)やDカンもしっかりしています。

また、耐久性も思ったよりある感じ。

室内保管ですが、4年目の今も接合面の劣化などは見られず、まだ使えそうです。

PVC素材なので5年使えれば十分及第点。

値段の割りにはかなり良いと言えるでしょう。

パドル

ごく普通のアルミパドル

問題なく使えますが、特段良くもありません。

より良い使用感を求めるなら、軽いカーボンパドルや、座り漕ぎに便利なカヤックパドルに変えるのがおすすめです。(僕はそのまま使っています)

空気入れ

これはいかにも中国製といった感じ。

使えるには使えますが、質は良くありません。

使い始めてすぐに、すぐにキュコキュコ音が鳴りうるさくなりました。

僕はほどなく電動ポンプに切り替えたので、耐久性はわかりませんが、「これで高圧を入れ続けて大丈夫か?」という作りです。

キャリーバッグ

これもダメ。購入から2年を過ぎたくらいから劣化。細かい繊維がボロボロ落ちるようになりました。

現行モデルは見た目も違うし、改善されたと書いてあるので、もう少しマシかもしれません。

その他セット品

「フィン」「リーシュコード」「防水バッグ」「補修キット」は普通。

使用上の問題は何もありません。

ただ、補修パックに接着剤が入っていなかった気がするので、pandoボンドは買っておく方がいいかもしれません。

まとめ:最初の釣りSUPとしてWOWSEAはどう?

結論、十分ありです。

オールインワンのセットなので、釣り道具とライフジャケットがあれば、すぐサップフィッシングを始められます。

今は船体2年保障があるみたいなので、僕が買ったときより条件はさらに良いと思います。

僕がイマイチだと評価した「空気入れ」と「キャリーバッグ」もモデルチェンジされてるようです。

低予算でサップフィッシングを始めたい人には、おすすめです。

enjoy!

バランスの良い11フィート艇
↓↓↓

安定感&座面(デッキ)の広さ優先なら12フィート艇
↓↓↓

取り回し重視・動力化も視野に入れるなら10.6フィート艇
↓↓↓