※ 当サイトではアフィリエイト広告を利用しています

釣りの時合い(じあい)とは? 意味や具体例をすべて解説

釣りのコツ

どうも、ばんぞうです。

今日は釣りの時合い(じあい)についてお話します。

こんな方は、ぜひ読んでいってください。
↓↓↓

  • 時合いって何?なんで大事か知りたい
  • 時合いがいつ来るか予測したい
  • 時合いに何をすればいいかわからない

ビギナーの方が時合いの意味がわかり、迷わず行動できるよう、分かりやすくお伝えします。

スポンサーリンク

釣りの時合い(じあい)って何?

時合いとは、潮・天候・時間などの条件が重なり魚の活性が上がるタイミングです。

ひとことで言うと釣れるタイミングです。

一日の中に数回しかなく、通常それほど長い時間ではないので、すばやく察知し集中して釣ることが大事になります。

いつ時合いが来るかは予想できる?

1つのフィールド(場所)に通いつめれば、ある程度は予測がつきます

その最たる例は、遊漁船の船長(または漁師)です。

僕の体験談をお話しします。

「この場所で、(潮流)2ノットを超えると食ってきますよ」

と船長。

発言時は1.5ノットくらい。

だんだん流速が上がり、2ノットを超えたところで予言通りヒット。「無」だった船内が一気に慌ただしくなりました。

そこまでドンピシャの予測は素人には無理ですが、時合いが起きうる条件はある程度決まっているので、押さえておくと釣りを有利に進めることができます。

最大の時合いチャンス「朝マズメ・夕マズメ」

一日で最も大きな時合いチャンスといえるのが「朝マズメ・夕マズメ」です。

日の出・日の入りの前後の時間帯のことで、多くの魚の活性が上がります。

特に陸っぱりでの釣りは、この時間は重要です。

1日を通して釣れた(アタリがあった)のは、日が出た直後30分だけだったというのは良くある話です。

ぜひ集中して釣りしてください。

時合いの見極めに大事な「変化」について

釣りをしているときは「変化」に敏感になってください。時合いが始まるきっかけは環境の変化だからです。

具体的に見てみましょう。

光量の変化

朝マズメ・夕マズメに代表されるように、光量の変化は魚の活性に大きな影響をあたえます。

夜→朝という大きな変化だけでなく、曇り→晴というような変化も、時合い発生の合図となり得ます。

潮流の変化

上げ7分・下げ3分が釣れると言うように、潮流は魚の活性に直結します。

基本的には潮流がゼロになる潮止まり(満潮・干潮)は良くないですが、動き出す瞬間はプチ時合いになることもあるので、気を抜かないようにしましょう。

天候の変化

少し上で話した「曇り→晴」のほか、雨の降りだしも要注意です。天候は明るさ・水温・濁りなど多くの要素を変えるので、釣り中の変化には気をつけてください。

気圧・風の変化

広義の天候に含まれますが、気圧風速風向きの変化も、魚の行動スイッチになり得ます。

風はプランクトンやベイトの流れを変化させ、気圧が下がると魚が泳ぎやすくなるからです。

時合いが来たなら何をするべきか?

やることはシンプル。

とにかく釣りまくってください。

ルアー釣りならできるだけ時合いの間は長くルアーを通してください。

言い換えると、釣る以外の行動を極力控えることが大事です。

たとえば、頻繁なルアーチェンジや魚の下処理などです。

時合いに備えて、できる準備はそれ以外の時にしておきましょう。

まとめ:釣りの時合いとは?

時合いとは魚が釣れるタイミングのこと。

そして、その開始のきっかけとなるのは変化

このことを押さえておくと、釣りにメリハリをつけられます。

来るべき時合いに備えて、体力・集中力を温存することも、食事休憩のタイミングを計ることもできます。

また、時合いを予測しその精度を上げていくことは、釣りの上達につながります。

僕もまだまだですが、一緒にがんばりましょう!

enjoy!