2022年初釣り。TGベイトに助けられた1日

釣行記

どうも、年始に大間のマグロ漁師のテレビを見て、釣りテンションが高まっているばんぞうです。

ちなみに、その後数日、6歳の娘にマグロ漁ごっこをやらされました。

足首を持たれて、水揚げされるのが面白いらしいです。

さて、どうでもいい話はさておき

本日は、最近ホームグラウンドになりつつある加太沖に、今年初の釣りに行ってきた話です。

釣行当日のコンディション

今回もレンタルボートで釣りをします。出航が9時30分。ポイント到着が10時頃です。

この日は中潮。潮流の最速が12時と悪くないですが、何せ潮が緩い。最速でも1.7kn。

釣れてる日はだいたい2.5knは流れているので、ちょっと厳しいかと予想。

また、最近この海域で良く釣れるのはハマチ。ブリのシーズンは終わったとの事前情報あり。

潮が動かない状況でターゲットメインターゲットがハマチ。

どう攻めようか考えながら、大阪から和歌山までの道を走るのでした。

予想以上の厳しい戦い

最初のポイントに到着するも、予想以上に潮が動いていない。

ジギングは厳しいと踏んで、タイラバからスタート

小さいバイトはあったものの何も乗らない。

同行したほぼタイラバ専門の友人も全然当たらず。

ポイントを点々としながら、タイラバ・ジギング・SLJと試すも反応なし。

本日の最速潮流となる12時3分を超えても、船内(3人)坊主。

さすがに今日はハズしたか!?という空気が漂う中、僕の竿に待望のヒット!?

?????ん、全然ひかない。ずーんと重いだけ。

それもそのはず、ただのゴミ。

「くそっ何でやねん!」とか口では言いましたが、

ずっと当たりがなかったので、ゴミが掛かった瞬間はチョット嬉しかったです。

思い切りフッキングしました(照)

厳しい中で何とか1本。頼りになるぜTGベイト

ただでさえ潮が緩い中、3時の潮止まり向けて流れがなくなってきます。

ポイントを「ナカト下」と呼ばれるところに変えて、色々試してみます。

潮が緩いので、ジグを軽めの60gタングステンにしてトライ。

底から5~6メートルで待望のヒット!!

今度は泳いでいる手ごたえがあるので、ゴミじゃありません。

上がってきたのはハマチ。めっちゃ丁寧にランディングしました。

▲今年のファーストフィッシュです

しばらくして同行者もハマチをヒット。

今回、ヒットルアーは2人ともダイワのTGベイト。これしかアカン日があるんですね。

その後、当たりはパタッと止まり、釣れたのは小さなガシラ(カサゴ)だけ。

▲可愛いよね。ガシラ

渋い釣りとなりました。

潮が緩いのは最初からわかっていたことなので、その中でもっと潮が動いている場所を探すべきでした。次回へ活かしたいと思います。

タイトルとURLをコピーしました