7月。三重県の錦湾にてスーパーライトジギング

釣行記

どうも、ばんぞうです。

このところ、ブログも更新せず釣りにどっぷりハマってました。

今回は、三重県の尾鷲方面でのボートフィッシングについてお話しします。

船での釣りといっても、レンタルボートなので、自分たちの好きにできるので陸っぱりの道具で全然遊べます。

これからやってみようという人の参考になれば幸いです。

レンタルボートという選択肢

普通、船での釣りというと乗合船だと思いますが、尾鷲方面はレンタルボートが盛んです。

乗合船と違って自分でポイントを探す必要がありますが、それもまた一興。

今回、お世話になったのは紀北町の錦にあるシーランドさん。

免許不要の2馬力艇もあるので、気になる人は行ってみてください。

今回の狙いとルアーをご紹介

今回の狙いはハタ系です。

水深は20メートル~30メートルのポイントを狙っていきます。

なので、ルアー(メタルジグ)は軽めでOK。

船釣りとはいえ、超ライトな釣りなので、全然陸っぱりのタックルで十分です。(長いと使いにくいですが)

メインで使ったルアーは

・ダイワ TGベイト 60g 緑金(PHグリーンゴールド)

created by Rinker
ダイワ(DAIWA)
¥1,692 (2021/12/03 15:09:17時点 Amazon調べ-詳細)

・マリア ムーチョルチア 35g・45g

・ルーディーズ 根魚狩りJH 35g

created by Rinker
ノーブランド品
¥855 (2021/12/03 14:32:40時点 Amazon調べ-詳細)

ワームは「ルーディーズ ハタ喰い・魚子 4inch」を使いました

この中で、意外と効いたのがムーチョルチア。

船釣りで使う人はほぼいないだろうけど、カラーが良かったのか明らかにバイトが多かったです。

このメタルジグはただ巻きで釣れるという売り文句ですが、今回は短めのピッチでしゃくった方が反応良かったです。

序盤はポイント探しに奔走。そして・・・

さて、釣行記にもどります。

出航は5時半。ボート屋さんに借りた地図と魚探をたよりに釣れそうなポイントを探します。

が、これがなかなか上手くいかず、8時まででヒットしたのが、タマガシラ1匹、あとは小さいオオモンハタとフグ、そしてエソ、エソ、エソ・・・

一旦、帰港し体制を整えます。そして次に選んだポイントが高野島の北北西。島と本州を結んだラインです。

ここは調子よくて、一投目でアカハタ、次にオウモンハタと立て続けにキャッチ。

そして、次にヒットした瞬間、竿が海面に引き込まれます。

満月のごとく曲がるクロスミッションBB、そして2500番(小さっ)リールのドラグがうなります。

5分ほどかけてようやく上がってきたのは、66cmの丸々したメジロ。

この時期ここであがるのは珍しいそうです。

あまりの暑さでギブアップ。ここで納竿です。

いつもは、陸っぱり中心ですが、ボートもめちゃめちゃ楽しかったです。

金額的にも10,000円~15,000円くらいで1日借りれてリーズナブルだし、おすすめです。

はじめてだと言えば、ボート屋さんのご主人が、すごく丁寧にレクチャーしてくれますよ。

enjoy!

タイトルとURLをコピーしました