三代目クロステージ ライトショアジギングモデルを3年使った評価<インプレ>

釣具レビュー

どうも、ばんぞうです。

今日は、メジャークラフトの3代目クロステージCRX-1002LSJをレビューします。

メジャークラフト内の位置づけとしては、ファーストキャスト、ソルパラに続く、エントリークラスのちょい上くらい。

一般的なイメージは、初心者向けの高コスパロッド??というところでしょうか。

3年以上使いましたので、ロッドの詳細や、良い点・悪い点を僕なりの視点でお話したいと思います。

CRX-1002LSJってどんなロッド?

まず、メジャークラフトのホームページってシンプルすぎて情報が少ないので、このロッドのスペックをまとめてみます。

型番:CRX-1002LSJ
全長:10.0フィート
継数:2
仕舞寸法:約157cm(実測)
重量:約198g(実測)
適合ルアーウェイト:30~50
適合PEライン:1.0~2.5号

数少ない、「ライト」ショアジギング専用ロッドです。

イメージでいうとシーバスロッドとショアジギングロッドの中間くらい。

わかりやすくするため、あえて言い切ると・・・

堤防から30~40gのジグを投げて、50cm級のハマチ(イナダ)を釣るためのロッドです。

この用途だと抜群に使いやすいです。

ライトとはいえショアジギングロッド

ライトショアジギングモデルですが、ショアジギングに必要な要素は一通りそろっています。

たとえば・・・

ダブルフットガイド&ダブルロック仕様

ガイドはFuji製のステンレスKガイドです。

リングの素材はアルコナイト。バットガイドは高負荷にも耐えれるようダブルフットになっています。

リールシートも緩み止めのロックナット付きです。

マイクロピッチクロスフォース採用

カーボン繊維がクロス(縦・横)に巻いてあり、外層はX状に斜め45度のテーピングで仕上げてあります。

シマノのハイパワーXやダイワのX45と同じようなものだと思います。

こうすることで、ねじれに強くなり、キャストやファイトが安定します。

ただ、高級ロッドのようにバットからベリーまで、きっちりカーボン巻いてあるわけじゃなくて、根本(バットガイドまで)半分だけ。

まぁ1万円代前半で買えるロッドなので、半分でも十分です。

CRX-1002LSJは軽くて疲れにくい

個人的にこのロッド一番のメリットは「軽い」ことだと思っています。

一般的なショアジギングロッドって丈夫に作っているため、重いものが多いです。

その点、このロッドは「ライト」というだけあって、10フィートあるのに200gを切っているので、振りやすいです。

僕は、ショアジギングにおいて、軽さは釣果につながる大きなメリットだと思っています。

長時間使っていても疲れにくいので、ジグを長く海中に通すことができますから。

魚に出会うチャンスが多くなりますね。

ちなみに、合わせるリールは4,000番、C5000番がベストだと思います。

ショアジギング定番の6000番だとちょっと大きすぎます。

ちなみに僕が合わせているのはこれ。
↓↓↓

CRX-1002LSJのパワー感は?

軽い分、どうしても一般的なショアジギングロッドよりパワーは落ちます。

めちゃくちゃ主観ですが、コルトスナイパー系でいうとMLのちょい下くらい。

堤防で使うと雰囲気はこんな感じです。
↓↓↓

ハマチ(40~60cm)クラスの青物

パワー負けすることもなくファイトするのも楽しいです。主導権を魚に渡すことなく寄せられます。

メジロ(60~80cm)クラスの中型青物

ちょっと時間はかかりますが寄せてこれます。

ブリ(80cm以上)クラスの大型青物

このロッドで釣ったことないので何とも言えませんが、恐らくかなり苦戦するでしょう。

混雑している堤防だと、魚を止めきれず周囲の人に迷惑をかけてしまうかもしれません。

CRX-1002LSJのキャスト性能は?

公式には、40gがベストで30gから50gまでは対応しているというロッドですが、概ねその通りだと思います。

実際使っても、一番投げやすいのは40gのメタルジグ。

ただ、中級以上のロッドと比べると、ややブレ(ねじれ)が大きい気がします。

クロスカーボンの補強がもう少し上まで入っていれば嬉しいのですが、値段相応なので仕方ありません。

適応範囲外の60gのジグも投げられますが、やや心もとないです。

どうしても重め60g以上を投げるなら、シルエットの小さいタングステンをおすすめします。

まとめ:CRX-1002LSJは使えるロッド?

価格以上に使えるロッドだと思います。

あくまで「ライト」ショアジギング用ですが、中型青物までは十分渡り合えるパワーはあるので、実用十分。

特に、最初のショアジギングロッドに選ぶのにはおすすめです。

初心者がいきなり、ガチガチのショアジギングロッドを買うと、まず重さにやられます。

その点、このロッドなら軽いですし、ショアジギングロッドとしての特性も十分備えています。

これで慣れてから、大物釣りも射程に入るごっついロッドを買えば良いと思います。

とにかく軽いので、本格的なショアジギングロッドを買ったあとも、サブロッドとして使えるので選手生命も長いです。

僕も、堤防ショアジギングに行くときは、今でもコルトスナイパーXR(MH)のサブロッドとして持っていくパターンが多いです。

こいつがあれば、MHロッドを振り続けて傷んだ体でも、釣りを続けられますwww

enjoy!

タイトルとURLをコピーしました