普通のお父さんがキャンピングカーを買ってみて感じた良い事ベスト4

キャンピングカー読み物

どうも、ばんぞうです。前回は「落とし穴」という切り口だったので、ちょっとネガティブな記事になったので、今回は良いところをピックアップ

購入を迷っている人の背中を押す記事にしたいと思います。

良い事その1:小さい子供がめちゃくちゃ喜ぶ

うちは、子供は幼児3人なのですが、めちゃくちゃキャンピングカーが気に入っています。

自由に寝たり、遊んだりできるのが楽しいようです。

買ったばっかりのシルバニアファミリーの家を開封して、遊びだしたときはさすがに焦りましたが、これも広い車内空間が取れるキャンピングカーならではなのかもしれません。

保育園のお友達にも、ひそかに自慢しているようです。

もっとも、その友達の家の車はガチ高級車なので、何の自慢にもなっていませんが・・・

それはさておき、もし今から普通の車に戻るとしても、まず子供たちが許してくれそうにありません。

良い事その2:出先で基地(ベース)がある安心感がいい

どこに行っても、車に戻れば休めるし、食事も飲み物もあるという安心感はすごいです。

動く宿と言われるキャンピングカーならではですね。

飲食店なんかが一切ない僻地に遊びに行くのもOK!

逆に、都会に行くのだって駐車場さえ確保できれば、そこを拠点に動けます。

基地という面では、「待ち時間」にも大活躍します。

遊園地やテーマパークの開園までの待ち時間や、奥さんの買い物の待ち時間なんかが苦じゃなくなります。

このメリットはバンコンでも十分に感じられるのでキャブコンなら、なおさらです。

良い事その3:近場旅行のバリエーション・アレンジが増える

比較的、近距離の旅行。たとえば、家から100kmくらい離れたテーマパークに行くようなとき、大抵は日帰りだと思います。

わざわざ宿をとるような距離ではないですしね。

でも、キャンピングカーがあれば「帰る」以外の選択肢が増えます。

1泊して、もう一度テーマパークを満喫するのもいいです。でも私のおすすめは「さらに遠くに走る」ことです。

せっかく100kmも走ったのだったら、夜の間にもう少し走って別の場所まで行く方が楽しいと思います。

1日目、子供たちのためにテーマパークに行ったのなら、2日目は大人のために美味しいものを食べに行く。みたいな。

これが普通の土日で無理なくできてしまうのがキャンピングカーのいいところです。

良い事その4:趣味がめちゃめちゃ増える

キャンピングカーは家族のものだけじゃありません。お父さん、あなたの世界も広がります!

いつでも移動できて、どこでも寝られるということは、旅の時間的な制約から解放されるということです。

早朝に釣りをするのも、暗いうちから登山して日の出を見るのも、キャンピングカーがあれば何とでもなります。

いろんなことへの挑戦のハードルが低くなるんです。

私の場合、キャンピングカーを買って始めたことは、「キャンプ」と「釣り」です。

どちらもこの車がないとやらなかったと思います。

あなたは世界をどう広げますか?

サーフィンをはじめるのもいいでしょう。

絶景を求めて写真をはじめるのもいいでしょう。

日本各地でロードバイクに挑戦するのも面白そうです。

ただ、動く寝場所にしておくだけじゃもったいない。キャンピングカーは人生を楽しむためのツールです。

enjoy!

コメント

タイトルとURLをコピーしました