ボンゴベースのキャンピングカーの燃費について検証してみた

キャンピングカーレビュー・検証

どうもばんぞうです。

カムロードベースのキャブコンが欲しいけど予算や大きさの面で厳しい場合、ボンゴベースのライトキャブコンが眼中に入ってきますね。

大きさは見れば自分に合うかどうかわかりますが、走りや燃費は実際に乗らないと分かりません。

ボンゴは特に走りがイマイチと言われているので、気になるという方は多いのではないでしょうか。

今日はボンゴトラックの走りや燃費を検証してみました。

ホントにボンゴは走らない!?

「高速でMAX80kmしか出ない」「坂道では必ず渋滞の先頭になる」などボンゴ走らない伝説があふれています。

燃費に関しても「リッター5km」がせいぜいのような話も聞きます。

3ナンバーの乗用車より小さい1800ccのガソリンエンジンで大きな架装部分を乗せて走るのですから、ある程度は仕方ありません。

また、走る・走らないは運転する人の感覚や、乗る前の期待値、これまで乗ってきた車など、感じ方が変わる要素が多いのでなかなか結論は出しにくいですが、燃費に関しては必ずしも悪いとは言えないかもしれませんよ。

ネットの情報を洗い出してみた

ネットで燃費を公開しているボンゴベースのキャンピングカーオーナーのページを集めてみました。

●ナッツRVマッシュ2WD  7.8km/L
参照:マッシュ1年間の集計(あつさん)

高速はあまり走行せず、雪道や山道の走行が多くてこの燃費はなかなかではないでしょうか。(高速使用時はすべて10km/Lは超え!)燃費にはけっこう気を使って運転しているそうです。

●ナッツRVマッシュ 9.32km/L
参照:マッシュと中伊豆紀行2017(著者名不明)

高速80km/h巡行時の燃費。(FFヒーターでの消費分も含む)別記事で運転の仕方で随分変わることを書いてらっしゃいました。買い物などのチョイ乗りで6km/Lにまで落ちるとか・・・

●AtoZアミティ4WD 7.287km/L
参照:旅行中のボンちゃん号(アミティ)の燃費と御朱印(kei*keiさん)

基本的に80km/hで走行。街乗りで6km/L台後半。他のオーナーの情報だと大体8kmは走るらしい。とのことです。

●ロータスRV マンボウ 8.31km/L
参照:燃費│キャンピングカー、マンボウ EXE(はまぞうさん)

プラグ交換で6.5~7.5kmだったのがグッと伸びたらしい。

平均燃費が7~9kmと思った以上の健闘を見せたボンゴトラック。カムロードのガソリン車の燃費(6km~7km)を大きく上回ります。

実際に乗っている人のブログなどでリッター5kmという情報の方が少なかったです。

走りに関しても「こんなもんだろう」という予想の範疇で、実用上困ることはあまりないとの意見が多かったです。

「早く走る」ということさえ求めなければ実用性は高そうです。

意外と走るぞボンゴトラック!

2016年のリニューアル後のモデルは期待大!?

ライトキャブコンのベースとなるボンゴトラックは、2016年にモデルチェンジをして4速ATから5速ATに変更されています。

車に詳しくない人のために、簡単に説明すると、AT(オートマ)もギアチェンジの操作をしないだけで車の中ではエンジンの回転によってギアが変わっています。

4速から5速にギアの数が1つ増えるということはエンジンのパワーを効率良く使えることを意味します。

ママチャリに例えると、軽・平・速(今もこんな表記なのか?)という3速のギアだと、ゆるい上り坂で「速だとちょっとしんどいけど、平だとスピードに乗らない」という状況に陥ってしまいます。

つまり、脚に負担をかけるかパワーロスを発生させるかどちらかを選択しなくてはいけないのです。

そこにもし、平と速の間に「ゆる速」みたいなギアがあればどうでしょうか?

脚のパワーを無駄なく使えますね。車もそんな感じです。

ボンゴトラックはこの変更によって、燃費と加速の向上を得たということです。

ちなみに、前節で挙げたネット情報はいずれも、リニューアル前の車両です。これから新車で購入する方はもっと高燃費が期待できますね。

enjoy!

コメント

タイトルとURLをコピーしました