キャンピングカーの寝具選びがムズい。バンコン何で寝る?

バンコン快適化

どうも、ばんぞうです。

キャンピングカーといっても、買ってきてそのまま寝られるわけではありません。快適に眠るためにはやはり寝具は重要です。

今日は、車中泊の寝具について考えてみた(購入した)話をしてみます。

寝具選びで迷ったときに参考にしていただくと嬉しいです。

ちなみに、私のキャンピングカーはバンコン(ANNEXのファミリーワゴン)。冬はFFヒーターを付けて寝ること・真夏は基本的に車中泊をしないことが前提です。

ステップ1:布団にすべきか寝袋(シュラフ)にすべきか

まずは、最初の選択です。

一般的なメリット・デメリットから。

寝心地優先なら布団。コンパクトさ優先なら寝袋ということになります。

常設2段ベッドのキャブコンみたいに敷きっぱなしにできるのであれば、ジャストサイズの布団も検討しましたが、バンコンで敷きっぱなしはあり得ません。なので布団(敷布団)は除外。

とはいえ、キャンプをする習慣もないので寝袋も持っていません。

とりあえず、家で余っていたダブルサイズの起毛敷きパッドを掛けてみました。

シート自体にクッション性があるのでこれでも寝れましたが、何せホコリが酷い。一度の出し入れで大量のホコリが車内を舞いました。

黒ベースの内装ではとにかく目立つので却下。畳んでもコンパクトさに欠けますし。

ということで寝袋を検討してみることに。

ステップ2:寝袋(シュラフ)の世界が奥深すぎて迷う

寝袋を買うことに決めたのは良いものの使ったことがありません。まずは情報を整理してみることに。

大きくは2タイプ。マミー型と封筒型。マミー型の方が暖かいようですが、車内にミイラ×5はチョット怖いので、封筒型を選択。

冬はFFヒーターが前提なので、対応温度も高めでOK。むしろ、多少暑くても快適に使えるオールシーズンさの方が重要です。

あと気になるのが肌触り。ネットの写真を見る限り、シャカシャカしそうです。

これで本当に快適に眠れるのか少し心配。まずは現物の確認が必要です。

早速、りんくうアウトレットのコールマンへ。

▲ここに来るといつも海岸で日が暮れるまで遊ぶ双子

内側がフリースのものやポリエステルのもの、色々ありましたが、肌触りはどれも大丈夫。

ダウンジャケットの表面のような感じではなく、布に近い感じで冷たくはなさそうです。

色々触ってみた結果、アドベンチャースリーピングバッグ/C0を購入しようかと思いましたが、Amazonで同じタイプの5度対応バージョンを見つけ、そちらの方が柄が良かったので、ネットで買うことに。

ステップ3:コールマンアドベンチャースリーピングバッグで寝てみる

このシュラフの特徴は2個セットで、2つをくっつけてダブルサイズにすることが可能なこと。

分離もできるので、敷きにも掛けにもできちゃいます。1枚あたりのサイズは190cm×75cm。2枚くっつけると当然横幅150cmで使えます。

収納サイズは割と大きく、直径27cm×高さ38cm。サードシート下に立てて3個くらい入れたかったのですが、惜しくも立たず。寝かせて2個まで。

試し車中泊、2つのシュラフを掛け・敷きの布団スタイルで寝てみました。

この大きさがファミリーワゴンとベストマッチ。

ベッド設定できる上段・下段ともにフィット。上段ベッドは170cm幅なので、実際は20cmほどシュラフの方が大きいのですが、不思議と余る感じもなく無理なく収まっている感じです。

また、セカンドシートを展開したままのベッドのサイズにもぴったり。上の写真みたいな感じです。

さて、寝ます・・・

この日は3月にしては暖かく外気温15度。暖房なしでも大丈夫かと思って寝ましたが、少し寒い。

そりゃ、5度まで対応とはいえ、袋状にしなければただの薄い布団。

このままでも無理ではないにせよ快適に眠りたいので、FFヒーターを23度設定にして就寝。

朝までバッチリ快眠できました。

心配していた、敷き布団がずれてぐちゃぐちゃになる現象も大丈夫。滑り止め加工してあるわけではないのに、十分許容範囲でした。

1回目の車中泊は大成功。はかったようにファミリーワゴンにぴったりだったので、いい買い物ができたんではないでしょうか。

enjoy!

コメント

タイトルとURLをコピーしました