超かんたん!子供用2人掛けベンチと小さな椅子を作った

DIY

どうも、ばんぞうです。

うちのおチビちゃんたちはテレビが大好き。いつもテレビの前でおやつを食べたがるのでニトリでローテーブルを購入。

でも、全然高さが合わずおやつが食べにくそうなので、超コンパクトな椅子を作ってあげることに。

コンセプトはこんな感じ。

1.小さな子供(3歳)でも自分で持ち運びできるくらい軽量であること。

2.使わないときはソファーの下に収納できるようにすること。

3.歌と踊りが大好きな3人のために、つなげればステージになるようにすること。

材料はこれだけ。2×2材(6フィート)と21cm幅のパイン集成材。詳しく覚えてないけど材料費は多分1,000円台。

丸ノコでどんどん2×2材を切っていきます。最初は3脚作る予定が、ちょっと面倒になって2人掛けのベンチ+1人掛けの椅子(長さが違うだけ)に変更。

 

精度はイマイチですが1mm以上の差がなければ、最後に貼る傷防止のフェルトの効果でガタつくことはありません。

座面は怪我防止のためにトリマー&サンダーで面取り。一応前後がわかるよう片側だけアールを付けました。

ネジ穴を隠すダボ埋めのためダボ錐で処理します。

まずは、1人掛けの小さい椅子(というより台!?)ができました。

今回、座枠(座面の下の横板)は軽量化のため付けませんでした。下の写真のように木工用ボンドとスリムビスだけという手抜き仕様。

まあ高さがないので万一強度不足で壊れたとしても大事には至らないであろうという判断です(それでいいのか!)

こうして出来上がったベンチと椅子(いやただの台やろ!)。

ベンチの方は脚を5mmくらい内側に入れたので若干見栄えがいいです。

無事ソファーの下にも収納できました。こうしたサイズ感のカスタマイズがDIYのいいところですね。

3歳の歌姫もご満悦。ステージにして歌ったり、ジャンプするときの台にしたり、一本橋ダッシュに活用したりと大活躍。

若干、心配していた強度に関しても問題はなさそう。

簡単でリーズナブルなので、お試しあれ。

enjoy!

コメント

タイトルとURLをコピーしました