超節約!キャンピングカーの任意保険をネット型自動車保険に変えた件

キャンピングカー読み物

どうも、ばんぞうです。

今日は、うちのバンコン(Annex ファミリーワゴンC)の自動車保険を見直しの話です。

この見直しで50,000円ほど差額が出たと思いますので、シェアします。

  • キャンピングカーの保険はどこがおすすめ?
  • キャンピングカーの保険安くならないかな?

という人には、参考になるかと思います。

スポンサーリンク

キャンピングカー専門保険の保険料はお高め

今、加入しているのはキャンピングカー専門自動車保険の「シェアティブ」。

ネットで見積できたのはここだけだったので、特に比較せずにずっと契約していました。

でも、ここって保険会社でなくて代理店。

よくよく考えれば、昔ながらの保険屋さんの業態なので、今主流のダイレクト型より割高なのは当たり前。

実は、今年車をぶつけてしまい、来年からはノンフリート等級がダウン。

継続の案内でかなり高額な保険料の見積りだったので、これを機に見直すことにしました。

キャンピングカー専門でなくても問題なし!?

キャンピングカー専門の保険にほぼ4年入っていたので、その感想を。

キャンピングカー専門というと何となく安心感はありますが、蓋を開けると、ぶっちゃけ「何が専門だったの?」という感じです。

さっきも少し言いましたが「シェアティブ」は保険の代理店。

ここを通して保険に入っても、普通の自動車保険(三井住友海上)に加入するだけです。

キャンピングカー専用の料率が設定された特別な保険に入れるわけではありません。

ちなみに、事故のときもノータッチ。

僕がやり取りしたのは、引き受け先の保険会社です。(事故の際の連絡先が保険会社の電話番号になっている)

シェアティブに連絡すれば、間に入ってくれるとは思いますが、その必要性は特になかったです。

結局、キャンピングカーもネット型自動車保険がお得

誤解している方も多いですが、

キャンピングカーもネット型(ダイレクト型)自動車保険に入れます。

ただし、加入できない会社もありますし、自分で保険会社に直接連絡しなくてはならないので、手続きの面倒さはあります。

また、インターネット契約割引みたいなのも使えないところが大半です。

それでも代理店型の自動車保険より安くなるのでおすすめです。

もちろん、補償内容で劣るということはありません。

実際「おとなの自動車保険」は安かった

ネット型の「おとなの自動車保険」で見積りを取ると・・・

僕の運転者条件、希望する補償内容だとシェアティブ(三井住友海上)と比べて、5万円以上安くなりました。

その上、車両評価額(車両保険のMAX額)はシェアティブより15万円高い。

変えない理由はありません。

やっぱりキャンピングカーでも、ネット型がいいですね。

キャンピングカーの車両保険について

最後に少しだけ補足します。

キャンピングカーの車両保険はフルカバータイプがおすすめです。

というのも、ベース車両の関係でちょっとしたことでも修理代が高くつくからです。

僕の話をしますと、うちの車ファミリーワゴンCのベースは、ハイエースのワイドボディ。

ぶつけて初めてわかったのですが、ナローボディ(普通の)ハイエースより部品代が高価です。

そのうえ弾数も少ないので、割安な中古部品もあまり流通していません。

電柱にぶつけてバックドア破損した際の修理代は40万円を超えました。

(限定カバータイプの車両保険だったので、全額自腹。。)

また、2WDのハイエースは雪道に異常に弱いです。スリップして横転…とかもあり得ます。

そうなると、修理代はいかほどでしょう
((((;゚Д゚))))ガクガクブルブル

ベース車両にもよりますが、基本的に修理代は高くつくので、自損事故も補償してくれるフルカバータイプをおすすめします。

今回は以上です。

あなたの保険選びの参考になっていれば幸いです。

enjoy!

タイトルとURLをコピーしました